2015年05月23日(土)

模型少年

投稿者:

この領域の前身(?)だった、非コードRNAマシーナリーの公募でお世話になりました東京医科歯科の小林慎です。以前から、ncRNAの業界は若手が活発に仕事をしている印象がありました。この領域でも活動的な若い研究者がたくさん参加されているので、お互い良い刺激を受け、研究を発展させられたらと考えています。

北大の長尾さんはパソコン少年だったそうですが、私は元々手先を動かして何かを作るのが好きな模型少年でした。ガンダムやスター・ウォーズのプラモデルをいわゆる「改造」して、良く作った記憶があります。またラジコンづくりなど機械いじり全般が好きでした。

物作りと言う点から考えると、理学部ではなく工学部向きだったかもしれません。ただ、少年の頃見たアニメのルパン三世に出てきたクローン人間に魅了されたのがきっかけで少し興味の対象が変わりました。対象が、単に無機質なものだけではなく、生き物にも広がった転換期だったかもしれません。中学、高校時代は、これまで分類や観察が中心だったの生物学とは異なる、遺伝子を中心とした新しい生物学に注目が集まり、世の中ではバイオテクノロジーが脚光を浴びていました。そのような時代背景もあり、遺伝子の切り口から生物を理解し、新しい生物を工学的に作る仕事に興味が湧き、工業大学の生命理工学部に進路を決めた記憶があります。プラモデルの設計図から、生物の設計図(DNA配列情報)に興味がシフトしてきました。

振り返ると、基本的に、今でも発想は同じ気がします。色々な道具に創意工夫をこらし、遺伝子組み換えマウスを作るなどして、面白いと思ったことを調べていく。子供の頃からあまり変わっていません。今回の投稿がきっかけで思い返すと妙に納得した気持ちになります。

今後とも宜しくお願いいたします。

小林 慎

東京医科歯科大学 難治疾患研究所 非常勤講師
▶ プロフィールはこちら

このカテゴリをもっと見る « 三島→大阪 気がつけば粘菌 »

コメントする

コメントはどなたでも歓迎します。メンバーの方はログインしてからコメントして下さい。

ブログアーカイブ

ログイン

サイト内検索